商品一覧 商品一覧 こだわり 店舗情報
カートの中を見る

龍泉洞黒豚と佐助豚

Deux jambon sec

龍泉洞黒豚(岩泉町)と佐助豚(二戸市)で作った生ハムです。 ともに3月に乾燥を始めた生ハムが5か月を経て出来上がりました。

昨年夏の台風10号を覚えているでしょうか?岩手県北部と北海道に大きな被害をもたらしました台風により 岩泉町は大きな被害を被りました。龍泉洞黒豚の精肉加工場は土砂の被害で閉鎖され、いまだに復旧しておりません。ちょうど、秋からの生ハムの仕込みを前にして、黒豚の仕入れをお願いしている最中でした。 黒豚が「出荷できなくなった」と聞いて、一旦は生ハム加工のスタートを断念しようかと考えました。 岩手県産豚のももブロックの入手の見通しがなくなったからです。

岩手県は屠畜、精肉加工が動脈硬化のように硬直しており、養豚者が、自ら精肉の販売を行っているケースは非常にまれです。 その時点でブロックでの購入の可能性のある生産者には、すでに当たり終えていました。骨作もも肉や、骨抜きもも肉のブロックの購入 は、一般的な精肉流通経路からの入手が極めて難しいと実感いたしました。 唯一残る佐助豚を販売する久慈ファームは自ら生ハムを販売しているため、生ハム用のお肉の購入を申し込んでも 断られるだろうと思っていたので候補から除外していたのでした。藁をもつかむ心境で、しかし無駄に終わるだろうと予測しつつ電話したところ、 久慈剛士さんは豚モモ肉の提供を快諾してくださり、何とか初年度の生ハム製造を中止しなくて済みました。本当にありがたいことでした。

そうして、佐助豚で生ハムの試作をスタートし、いろいろ試行錯誤を繰り返している秋冬が過ぎ、春が近づく頃に、 自ら精肉販売だけでなく、黒豚生産にも被害があり復旧に忙しいはずの高橋真二郎さんが、 「x月x日に、取りに来れば持っていけるよ」と声をかけてくださいました。とてもうれしかったのを覚えています。 回数は少ないですが、念願の龍泉洞黒豚を入手させていただきました。

生ハム製造断念を救ってくれた佐助豚と、いまだ復旧途上の龍泉洞黒豚ですから、特に優劣をつけるつもりはないのです。 両者の個性をお楽しみいただけたらと思います。9月からスタートの生ハム仕込みも両者で行っていこうと思っています。 でも皆様のご感想をいただけたら、比率は変わるかもしれません(笑)
スライスでのご提供をを基本といたします。ブロックをご希望の方は備考に「ブロックで」と添えてください。よろしくお願いいたします。

原材料 / 内容量
龍泉洞黒豚の生ハム 約80g x 2: 龍泉洞黒豚、食塩、白カビ

佐助豚の生ハム 約80g x 2: 佐助豚、食塩、白カビ

賞味期限
出荷日から20日間です。

申込期間
お申込みは9月15日まで。お届けは9月20日までとなります。

限定数量
30セット

こちらの商品は送料込みでお届けします

保存方法 未開封状態で8℃以下の冷蔵
価格

3,900円(税込)

在庫数 完売いたしました。ありがとうございました。
受注生産のため、約1週間後にお届けします。
パーティーやイベントにお使いの際には、
イベント前日を到着日としてご指定いただくことをお勧めします。
SOLD OUT

※24時間以内に注文確定メールが届かない場合はお問い合わせ下さい

特定商取引法に基づく表記
この商品について問い合わせる


おすすめ商品 nous recommandons

龍泉洞黒豚と佐助豚  3,900円(税込)
パテ ド カンパーニュ  850円(税込)
ホロホロ鳥のテリーヌ  950円(税込)
短角牛のコンビーフ  1,000円(税込)
鶏レバーのムース  950円(税込)
豚肉のリエット  850円(税込)
短角牛のハム  1,400円(税込)
鴨のコンフィ  1,700円(税込)
砂肝のコンフィ  850円(税込)
定番お試し2点セット  2,300円(税込)
大人気3点セット  3,700円(税込)
パーティー用9点セット  9,300円(税込)